< 理念 >

「精神障がいとは、何が障害されているのでしょうか?」

 

私たちは、精神障がいとは、様々な理由により本人と社会との「つながり」が障害されている状態と考えています。
このような「つながり」の障がいは病気を治療するだけでは取り戻すことは困難です。
医療の必要性を否定するつもりはありませんが、彼らに必要なのは社会と「出会い・つながるチャンス」です。私たちは、精神障がいをもつ方の多様な社会との「つながり」を全力で応援する団体です。

 

私たちは、現在の精神医療のあり方に疑問を感じている元精神医療従事者や当事者を中心とした集まりです。

 

 我が国の精神医療は、全国に約300万人の患者さんがおり、その内約32万人が入院治療を受けています。ここで問題なのは、日本は世界的にも珍しい長期入院大国(平均在院日数が約300日、先進諸国は平均18日です。)だということです。また、入院患者さんの内、7万2千人が社会的入院といわれており、入院治療が終了し、地域で生活出来る状態にも関わらず、入院を余儀なくされている現状です。

 

 長期入院は、医療経済的な問題だけではなく、人道的にも患者さんと社会との「つながり」を奪ってしまい社会復帰を困難にさせているのではないでしょうか。

 

 10年、20年と入院したい人がいるでしょうか?
 
 長期入院を送って自分の人生に希望を持ち続けられる方いますか?

 

 この問題は、医療問題としてだけでは解決は困難です。一人でも多くの方に、このように社会との「つながり」を失っている人が存在することを知っていただければ幸いです。
 
 そこで、私たちは精神障がいをもつ方が、ボランティア、仲間、支援者、仕事、一人暮らし・・・・など 個人の希望に応じた社会との「つながり」を応援したいと考えています。

 

 様々な人や場所と「出会い・つながるチャンス」をご提供します。

 

しかし、
 「出会い・つながる」ことがまだ不安だという方
 「つながり」を通して新しい自分の課題を発見した方
 より良く「つながる」為に自分の課題を克服したい方

 

 には、必要に応じて専門的な個別のプログラムを提供します。

 

「出会い」から全ては始まり、「つながり」が人生を社会を変えていくと信じています。

一人でも多くの精神障がいをもつ方が、地域で、生き生きとその人らしく社会生活を送ってもらうことが、お互いの理解を深めるための近道です。

 

多様な生き方や価値観を受け入れられる豊かな社会の実現(下図参照)を目指します。

 

 

                                                2013年1月

                                 一般社団法人 しん 

 

 

 

 

 <参考>

 

右の図は、現在の精神障がいをもつ方と社会との

関係性について田村太郎氏のダイバーシティ論的

に私たちが俯瞰した図です。

 

「田村太郎(2007)多様性に対する社会の対応」

 

田村氏のダイバーシティ論に従うならば、

 

私たちは

  排斥(≒社会から精神障がい者を排除する)でもなく

  同化(≒精神障がい者を健常者に近づけようとする)でもなく

  棲み分け(≒生活・活動の場をわける)でもない

 

ともに「変化」し「受け入れ」ていく、 「共生」を目指していきます。

 

 

 

 

 

 

<<一般社団法人しん 定款>>

 

 

 第1章 総則

 

(名称)

第1条 当法人は、一般社団法人しんと称する。

 

(主たる事務所)

第2条 当法人は、主たる事務所を愛知県名古屋市に置く。

2 当法人は、理事の決議により従たる事務所を必要な場所に置くことができる。

 

(目的)

第3条 当法人は、地域で暮らす人々が、障害や立場に関係なく、お互いを思いやり、人として尊重され、自信を持って生きていくことができるように支援する事業を行い、活力のある共生社会の実現に寄与することを目的とし、次の事業を行う。

(1) 保健、医療又は福祉の増進を図る活動
(2) 社会教育の推進を図る活動
(3) まちづくりの推進を図る活動
(4) 子どもの健全育成を図る活動

(5) 職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動

(6) 経済活動の活性化を図る活動

(7) 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく地域活動支援

  事業

(8) その他、当法人の目的を達成するために必要な活動

 

(公告)

第4条 当法人の公告は、当法人の主たる事務所は公衆の見やすい場所に掲示する方法により行う。

 

第2章 社員

 

(入社)

第5条 当法人の目的に賛同し、入社した者を社員とする。

2 社員となるには当法人所定の様式による申込みをし、代表理事の承認を得るものとする。

 

(経費等の負担)

第6条 社員は、当法人の目的を達成するため、それに必要な経費を支払う義務を負う。

2 社員は、社員総会において別に定める入会金及び会費を納入しなければならない。

 

(社員の資格喪失)

第7条 社員は、次の各号の一に該当する場合には、その資格を喪失する。

⑴ 退社したとき。

⑵ 成年被後見人又は被保佐人になったとき。

⑶ 死亡し、若しくは失踪宣告を受け、又は解散したとき。

⑷ 1年以上会費を滞納したとき。

⑸ 除名されたとき。

⑹ 総社員の同意があったとき。

 

(退社)

第8条 社員は、いつでも退社することができる。ただし、1か月以上前に当法人に対して予告をするものとする。

 

(除名)

第9条 当法人の社員が、当法人の名誉を毀損し、若しくは当法人の目的に反する行為をしたとき、又は社員としての義務に違反したときは、一般社団及び一般財団法人に関する法律(以下「一般法人法」という。)第49条第2項に定める社員総会の特別決議によりその社員を除名することができる。

 

(社員名簿)

第10条 当法人は、社員の氏名又は名称及び住所を記載した社員名簿を作成する。

 

第3章 社員総会

 

(社員総会)

第11条 当法人の社員総会は、定時社員総会及び臨時社員総会とし、定時社員総会は、毎事業年度の終了後3か月以内に開催し、臨時社員総会は、必要に応じて開催する。

 

(開催地)

第12条 社員総会は、主たる事務所の所在地において開催する。

 

(招集)

第13条 社員総会の招集は、理事が過半数をもって決定し、代表理事が招集する。

2 社員総会の招集通知は、会日より5日前までに各社員に対して発する。

 

(決議の方法)

第14条 社員総会の決議は、法令に別段の定めがある場合を除き、総社員の議決権の過半数を有する社員が出席し、出席社員の議決権の過半数をもってこれを行う。

 

(議決権)

第15条 各社員は、各1個の議決権を有する。

 

(議長)

第16条 社員総会の議長は、代表理事がこれに当たる。代表理事に事故があるときは、当該社員総会で議長を選出する。

 

(議事録)

第17条 社員総会の議事については、法令の定めるところにより議事録を作成し、社員総会の日から10年間主たる事務所に備え置く。

 

第4章 理事

 

(員数)

第18条 当法人の理事は、2名以上とする。

 

(選任等)

第19条 理事は、社員総会の決議によって社員の中から選任する。ただし、必要があるときは、社員以外の者から選任することを妨げない。

 

(任期)

第20条 理事の任期は、選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時社員総会の終結の時までとし、再任を妨げない。

2 補欠として選任された理事の任期は、前任者の任期の満了する時までとする。

3 理事は、辞任又は任期満了後において、定員を欠くに至った場合には、新たに選任された者が就任するまでは、その職務を行う権利義務を有する。

 

(代表理事の選定及び職務権限)

第21条 当法人は、代表理事1名を置き、理事の互選により定める。

2 代表理事は、当法人を代表し、当法人の業務を統括する。

 

(役員の報酬等)

第22条 理事の報酬、賞与その他の職務執行の対価として当法人から受ける財産上の利益は、社員総会の決議をもって定める。

 

(取引の制限)

第23条 理事が次に掲げる取引をしようとする場合には、社員総会において、その取引について重要な事実を開示し、その承認を受けなければならない。

⑴ 自己又は第三者のためにする当法人の事業の部類に属する取引

⑵ 自己又は第三者のためにする当法人との取引

⑶ 当法人がその理事の債務を保証することその他理事以外の者との間における当法人とその理事との利益が相反する取引

 

(責任の一部免除)

第24条 当法人は、役員の一般法人法第111条第1項の賠償責任について、法令に定める要件に該当する場合には、社員総会の特別決議によって、賠償責任額から法令に定める最低責任限度額を控除して得た額を限度として、免除することができる。

 

第5章 基金

 

(基金の拠出)

第25条 当法人は、社員又は第三者に対し、一般法人法第131条に規定する基金の拠出を求めることができるものとする。

 

(基金の募集)

第26条 基金の募集、割当て及び払込み等の手続については、理事が決定するものとする。

 

(基金の拠出者の権利)

第27条 拠出された基金は、基金拠出者と合意した期日までは返還しない。

 

(基金の返還の手続)

第28条 基金の拠出者に対する返還は、返還する基金の総額について定時社員総会における決議を経た後、理事が決定したところに従って行う。

 

第6章 計算

 

(事業年度)

第29条 当法人の事業年度は、毎年4月1日から(翌年)3月31日までの年1期とする。

 

(事業計画及び収支予算)

第30条 当法人の事業計画及び収支予算については、毎事業年度開始日の前日までに代表理事が作成し、直近の社員総会において承認を得るものとする。これを変更する場合も、同様とする。

2 前項の規定にかかわらず、やむを得ない理由により予算が成立しないときは、代表理事は、社員総会の決議に基づき、予算成立の日まで前年度の予算に準じ収入を得又は支出することができる。

3 前項の収入支出は、新たに成立した予算の収入支出とみなす。